顎のトラブルについて 〔顎関節症のまえぶれ〕



寝ている間にストレスを解消するため、無意識にに歯ぎしりや噛みしめする方が大半のようです。

問題はその強さだと言われております。


<プラキシズム>   ※新聞コラム欄での記事の紹介

  • 歯をカチカチと噛む
  • 左右にギリギリときします
  • くいしばりによってエラ周辺の筋肉をリズム的に硬直させる
  
このように、新聞、雑誌等でもよく記事とされてますがストレスによる歯ぎしりや噛みしめが原因で、愕関節周辺の筋肉が硬直し、上顎骨や下顎骨また側頭骨周辺の筋肉の凝りが原因でお口の開閉が困難になったり、愕関節のトラブルを抱えてる方が増えているとされています。
他にも歯並び等の原因も考えられるそうです。
また、長時間のパソコン操作で奥歯の噛みしめをされている方にもこの様な症状が多いとされています。


整顔や部分別矯正はこの様な症状を和らげる効果が期待できます。